【受付開始】発達凸凹どの子も育つ!発達療育に関する資格講座を開催します。

● 【受付開始】発達凸凹どの子も育つ!発達療育に関する資格講座を開催します。

未就学児発達支援療育の、資格講座の開催です。

おかげさまで東京での初級講座は、1日で満席になりました。

今回は、東京でのアドヴァイザー講座、DVD講座、大阪での初級講座を受付します。

大人の私たちが変わると、子どもたちの得意を、伸ばすことができます。

すべての子どもたちの可能性を伸ばすために、正しい知識を身につけることが、大切です。

image


「学校、家庭以外に、認められる場所がある、褒められる場所がある」

それが、全ての子どもたちにとって、非常に大切と、講師の奥田幹子先生は言います。

ピアノ教室、リトミック教室、そんな教室の先生たちには、居場所を提供することができます。

「このお友達、周りのお友達より手助けが必要だな」と、思うお友達に出会ったとき、どんな声掛けをしてあげることが、良いのだろう。

正解はなくても、知識があるとないとでは、対応が大きく違ってくると思います。

発達支援.jpg


初級講座を受けた方々から、感想をいただいています。

発達障がいの勉強は初めてで、1からでしたが、とても分かりやすかったです。

基本的な特性の理解と、その対処法について、大変勉強になりました。

子どもがなぜ、困った言動を取ってしまうのか、視点を変えることができました。

更なる学びを、深めていきたいと思いました。

とても分かりやすく、本当に素晴らしい講座でした。

具体的な接し方や、支援の方法が聞けて良かったです。

日々の子育てや、関わり方が変わりそうです。

1つ1つの対処法を、丁寧に教えていただきました。

学びながらも、とても楽しく、あっという間の講座でした。


普段は、ピアノを教えています。

生徒さんや、自分の娘にも、もしかして?と思い当たることがありました。

講座の中で、子どもと出来そうなトレーニングも、沢山教えていただきました。

これからのレッスンに、すぐ活かせそうです。

奥田幹子先生は、長年、小学校の支援学級での担任を経て、発達支援施設での経験も豊富です。

個別指導でも、沢山のパパママ、キッズと接してきた先生の話は、納得いっぱい。
 
17年間、発達支援の現場を経験している先生。

どんな子も、その子らしく凸凹を活かす方法があると、おっしゃいます。


私たちが変われば、子どもを、もっともっと成長させてあげられます。

発達支援2.jpg

初級講座では、びっくりするくらい、沢山のお問い合わせを頂きました。


未就学児発達支援療育 初級 6時間(休憩1時間) 38000円(税別)教材費込み

妊婦さんから就学前までの発達、発達障害の基本を学び、発達を促す方法の基本や、環境設定を学びます。

受講していただいた方には、修了証をお渡しいたします。

11月24日(日) 10:00〜17:00 東京 定員21名 満席終了

2020年2月27日(木) 10:00〜17:00 大阪 定員15名 11月18日受付開始 

全国で受講可能 DVD講座 定員30名さま

 

《未就学児発達支援 アドヴァイザー 6時間(休憩1時間)》
 
2日間 76000円(税別) 教材費込み ・・定員10名 

日時:2020年1月12日(日)・13日(月・祝)10:00〜17:00 満席終了

場所:写真館シンデレラ
東京都江東区 南砂2−1−8 フッコウビル4F

初級講座を修了していることが、受講条件になります。

DVD受講も可能です。

DVDの受付は、決まり次第、記載いたします。


《未就学児発達支援 上級アドヴァイザー 6時間(休憩1時間) 》

2日間 + 毎月1回(半年間)のレポート提出

150000円(税別) 教材費込み

日時:2020年7月予定

アドヴァイザー講座を、修了していることが、受講条件となります。


アドヴァイザー受講後、上級に進まれたい方は、先に半額の82500円ご入金いいただけましたら、すぐにレポート提出を始めることができます。


※こちらの講座は、対面のみの開催になります。

半年間のレポート提出終了後、初級講座を開講することができるようになります。

開催した場合の報酬は、開催者50%、JDTA一般社団法人日本発達療育士協会と、NPO日本子ども

教育センターで50%になります。

発達支援のプロフェッショナルとして、活躍できます。


こちらの講座の受付開始は、追って記載いたします。

奥田との個人面談 またはZOOM面談 +毎月1回(半年間)のレポート提出で、

アドヴァイザー講座を開講することができます。

料金:60000円(税別)

最低3人について、レポートを書いていただきます。

現在進行形で1人以上の、発達支援対象のお子さんを受け持っている方。


『JDTA一般社団法人日本発達療育士協会』の代表である、奥田幹子先生の講座です。