とても大切な人・大切な日々の思いで

今日は茨城県の水戸に行ってきました。

去年まで、ドリームミュージックのピアノの先生として大活躍してくれた元講師を訪ねました。


私とそのピアノ先生との出会いは、今から14年前。

そのころのドリームミュージック は時間で借りてる教室が3つ。

リトミックの生徒が100人位。

ちいさな住まいのマンションの1部屋でピアノを教えて、ピアノの生徒は20人位。

バレエも時間借りの文化センターではじめていました。



小さくてもいい、「ドリームミュージック」と看板の出せるお教室がほしい・・・と願い、

日々必死でリトミックを教えていたのを思い出します。


こどもが大好きなピアノ先生は、私のリトミックアシスタントとしても、ニコニコ思いっきりの笑顔と愛情で子供たちと接してくれました。


リトミックに使う、大きな絵、沢山の楽器、ボール、ときには鉄琴3個、キーボード2つ、木琴数個をいっぺんに自転車に積み、よろよろしながら、一緒に会場まで運んだことを思い出します。


車がほしい・・・中古で小さくてもいいから、これも願いのひとつ!

でも教室が出せるまではお預け!


発表会やクリスマス会の前は、何日お徹夜して一緒に色々作ったね。

ピアノ先生はお絵かきがすご〜く上手だったから、本当に助かったよ。


念願の初めてのテナントを借りてのお教室ができたとき、初めての受付・事務員としても大活躍してくれました。


新しい教室ではじめた英会話・・・ホント大変だったね。


外人の先生が、とつぜん遅れたり、来なかったり。。。急いでヤクルトとお菓子買ってきて、あやまって、あやまってガーン(その時の生徒さん、もしこのブログ見てたら本当にごめんなさい)


2つ目のお教室を作ったとき、ギリギリの経済状態だったから、壁紙が段ボールで・・・

ピアノ先生が、かわいい壁面画で壁を飾ってくれたね。


看板を出す余裕もなくて、ポスターも手作りしてくれたね。


こどもを産んだ後もほとんど休まず仕事を続けた私。

うちの子たちもピアノ先生を家族のように思っていました。


ピアノせんせい、リトミックせんせい、うちの子のお姉さん、受付、事務、お掃除。


本当に何でもやってくれたね。


10周年で、お教室のみんなでハワイに行って、生徒が1000人になって、ピアノ先生のお蔭です。


夢のようです。車もあるし、3階建てもお家にも住んでる(小さいけど充分です)。かわいい子供も3人ラブラブ


ニコニコ本当に私は、素晴らしい、素晴らしいスタッフに恵まれて、今があります。


感謝の気落ちを忘れず、これからも頑張っていきます


リトミックせんせいのぐるっぽ参加大歓迎です。