ピアノ教室♪どんどん生徒が集まる方法

公共の文化センターの部屋を週1回借りて、リトミックを教え始め1年位たったころ、


レッスン会場と場所と、生徒さんをご紹介下さる方がいて


生徒さんが50人位になりました。


生徒さんが生徒さんを呼んで来てくれて、それからもどんどん増えていきました。


無我夢中で、プランを立て、とにかく元気に、子供に精いっぱいの情熱を持って


接していました。


2歳でリトミックを始めた子は2年で4歳となり、自然とピアノを始めたいと


言い出します。


そんな頃、ちょうど結婚することとなり、住まいを新宿から教室のある江東区に


移しました。


築20年も2SLDKのマンションです。


看板も出していませんでした。

 

ニコニコピアノ教室生徒の集まる方法をまとめてみます。



@ リトミックなどの音感教育からはじめ、


早い年令から子供の音楽性を伸ばし、お母さんたちの輪を広げる。



A とにかくほめる!ほめる!ほめる!(どんなふうにほめるかはまた書きます)



B 教材研究は徹底的に(私は、ヤマハなどに教材を探しに行くと5時間位その場所にいますそして大量の教材を買い込んでいました。)



ひとりひとりに合った教材を使う。



C 小さい子には、ピアノの教材以外に色々なカードなどを使う。

(どんなカードなどを使うかはまた書きます)



D心をこめて、情熱的に精一杯教える

(偉そうにしてはいけません)



E お母さんととにかく仲良くなり、ご紹介いただけるように



心を込めてお願いします。



F ご紹介頂いたら本当に嬉しそうにお礼を言います。



上記を実践したら、看板をださなくても、そんなに大きく宣伝しなくても



生徒100人位は集まります。



それ以上集めるのはまた今度パー