えいご絵本★Pat the Bunny

えいごの絵本「Pat the Bunny」を紹介します。

1歳でも理解できるえいご絵本ですから、

小さいころからえいご絵本に慣れ親しんでほしい

と思っている人にお薦めの1冊です。



1ページに書いてある言葉は、1文から長くても2文です。

しかも日常的にも使えるような表現もありますから、

とても役に立つと思います。



仕掛け絵本になっていますから、

子供がページをめくって仕掛けを楽しんで遊べる絵本です。



ページをどんどんめくりますから、時にはお母さんが

絵本を読むスピードが間に合わなくなってしまうかもしれませんね。



もしお子さんが何度も読んでいるうちに、

ページを次々にめくってしまったとしても、

「待って」とか「まだ」とか言わずに、文章を省略したり、

センテンスを短くして読んであげてもいいと思います。



せっかく仕掛け絵本で楽しんでいるのに、

待つのはかわいそうですよね。



触って指先の感覚を楽しむこともできますし、

鏡がついているので、ミラーを見て面白がったり、

においをかぐことも出来る絵本です。



ニコニコ仕掛け絵本になっているえいご絵本なので、

英語が分からなくてお子さんがうんざりすることは一切ありません。

お子さんと一緒にお母さんも楽しみながら親子で参加できる絵本でしょう。

本の中身を本当に再現できることがあります。

ニコニコ家にぬいぐるみがあるなら、なでてあげたり、

ママの指輪を外して指を入れたり、

本に掲載されている内容を実際にリアルに体験させてあげるのも、

とても成長の一環として役立ちます。



やってみようといって促してあげるといいですし、

やわらかい物を触ったら、やわらかいねと声をかけてあげるのもいいですよね。