リトミック指導勉強会

今日は、月に1回のリトミック指導の講習会をしさせていただきました音譜

みなさん、とても熱心で一生懸命で、私の方が学ぶ事も多いな〜と感心させられました。

ちょっと気がついたことを書きますと、

小さいものをピアノで表現するときに、高い音で弾いたりしますが、

あまり、極端に高音にしないほうがいいですね。

それより、音の数を減らして、

恐竜など大きいものを表現するときは、低音で弾きがちですが、

音も数を増やして、音に幅を持たせた方が良いです。

ピアノを見ながらではなく、常に子どもたちを見ながら

音楽を弾けるといいですね。

難しい音楽を弾こうと思わなくても大丈夫。

便利な黒鍵を知っていますか?

黒鍵で弾くと、音がぶつからないので、なんとなく音楽になりますよ。

今日の質問で、

カノンの導入の仕方についてというのがありました。

カノン(音の追いかけっこ)ですね。

いきなり、リズムをカノンするのは難しいので、動きで先生のあとについてまねする。

あとは、4拍ずつ止まって、追いかけるなどの導入方法があります。

リトミックの実践を学びたい方はこちらから

勉強会行っています。