コンクール

ご訪問ありがとうございます

人気の音楽教室の作り方♪井上幸子です。

夏、コンクール真っ盛りですね。

コンクールにはどんな意味があるでしょう〜

コンクールと発表会の違いって?

ほとんどのコンクールは、

年齢で分けられ何人かの審査員の先生方に聴いていただきます。

審査員の先生は、

テクニックについて、表現について

時にはマナーについてまで、アドバイスをして下さいます。


自分の演奏の良いところ、ちょっと勉強が必要なところ等を

教えて頂くことになりますね。

きっとその後の演奏の役に立つことと思います。


コンクールは1発勝負!

どれだけの力をそこで出し切れるのか?

力を出し切るには、小さな小さな積み重ねが大切

そんな積み重ねのプロセスが、何より大切なのだと思います。
 

1発勝負ではありますが、毎年あることでもあります。


その年ダメでも、またその次の年、

また次の年と積み重ねることで必ず大きな力になると思うのです。



毎年、ドリームミュージックでは数多くのお友達がコンクールを受けます。

そして、昨年もその前の年も

日本クラシックコンクールやグレンツェンピアノコンクールなどで

全国大会出場者が出て、講師も指導者賞を頂きました。

aug6_1.jpg

(今年の様子・リトミック2歳からきてくれてる生徒さん)



コンクール前には、スタンウェイの会場を借り、

リハーサル勉強会をしています。


自分の生徒さんだけでなく、他の先生の生徒さんの演奏も聴き

コメントを出します。


ただ、コンクールをそんなに推奨しているわけではありません。

ドリームミュージックは、親しみやすい下町の音楽教室ですから。




ただ、出ると決めた生徒には精一杯の事を教室としてもしてあげたい。

そして、たとえ結果がでなくても、出なかったときこそ

精一杯フォローしていきたいと思うのです。



そうそう、みなさん、グレンツェンの幼児は全員賞状もらえます。
(去年までは、、、今後はわかりませんが)
おすすめです。

課題曲ででなく、自分の好きな曲で挑戦したい場合は
ベーテンピアノコンクールやクラコンがありますよ