英語の本 Where Is Baby's Mommy

みなさん、ご訪問ありがとうございます!(^^)!

人気の音楽教室の作り方♪井上幸子です。
今日は音楽合宿中、こどもたちがやっと寝付きました。
 
合宿でのレポートは明日書きますね〜
 
11月開園の東京都認証保育園の開園準備も着々と進んでいます。
40名定員にたいして、70名の入園仮予約(キャンセル待ちも含め)
を頂き、感謝の思いでいっぱいです。
 
保護者の方のご期待に応えられるよう、一生懸命色々な準備をしています。
1〜3才中心の園ですが、
本物のピアノを1台と電子ピアノ1台入れます。
 
図書スペースを作り、日本語、英語の本を多数そろえます。
そんな中から1冊本のご紹介

えいご絵本「Where Is Baby's Mommy」の紹介です。

aug26_1.jpg
   ¥580
Amazon.co.jp


本は1ページ当たり1文くらいですから

負担なくとてもスムーズに親子で読み進められるでしょう。

しかもとても文章自体が単純なつくりになっていますから、

とても分かりやすいのが特徴です。

「繰り返し」はお子さんも大好きですから、

きっとすぐに覚えて喜んで読むようになるでしょう。

どんな話になっているのかといえば、

家の中でお母さんを探すお話です。

仕掛け絵本で、

家の中でお母さんを探し歩くというのがこの絵本の特徴です。

一緒にWheres Mommy?

といったように口に出しながらページをめくってください。

そうすれば

そのフレーズもお子さんはすぐに覚えてしまうと思いますし、

家の中の身近な物の単語もすぐに頭に入ることでしょう。

前置詞であるイン、アンダー、ビハインド

も絵本の中で豊富に表現されている言葉ですから、

それも覚えることができるでしょう。


絵もとっても可愛いので見ているだけでも楽しいですが、

親子でママ探しを一緒に楽しんでみてください。

この絵本を読んだ後に、

リアルにかくれんぼをしてみませんか?

お母さんが隠れてお子さんに見つけてもらってください。

その時には、

絵本で出てきた表現をそのまま使うと

英語が自然に口からでてきます。

お母さんはどこかな?Wheres Mommy?

といいながらかくれんぼをするのが楽しいでしょう。

英語が身についてくれるだけでなく

親子で楽しみながら英語の表現を覚えられる1冊です。

かくれんぼをして家にあるものの単語を覚えてもらいましょう