英語の絵本 「Who Took the Cookie from the Cookie Jar?」

みなさん、こんにちは(*^_^*)

リトミック講師の井上幸子です
今日は日曜日・久しぶりに我が家で過ごす日曜日です。
(本当に何か月ぶりだろ〜)

ちょっと、時間があるので久しぶりに英語の本のご紹介です。

英語も小さいうちから始めると、本当に自然に話し出すから不思議です。

私の運営するドリームミュージックでは英語のリトミックも大人気です。
また、派遣のお教室でも、最近は英語リトミックの講師を派遣してほしいと
おっしゃるところが増えてきました。

英語リトミックについては、また次回書くとして・・・


「Who Took the Cookie from the Cookie Jar?」は、
少し絵本としてはレベルが高めの英文が出てきます。

簡単な英語の文章ではありませんが、
子供がが大好きな繰り返すフレーズは何度も出てきますから、
リズム感よく読んであげれば絵本を楽しみながら読めるでしょう。


61ypHYAKkdL._SL160_.jpg
¥1,410
Amazon.co.jp



自然と子供達も歌を覚える感覚で
絵本のフレーズを身に付けてくれるでしょう。

なんといってもリズム感よく読み続けられるのが
この絵本の特徴です。


お子様と先生やお母さんと順番に掛け合いをして
読むのも楽しいかもしれませんね。

本の中の掛け合いをリアルに楽しめるアクティビティを
読んでから進めてもいいですね。


例えばクッキーを画用紙などで作って、
そして缶からクッキーを取ったのはだーれだ?
と当てるゲームをしてもいいでしょう。


これが本の内容とリンクしていますから、
お子様にとってとても役に立ちますし、
リアルに復習できていいですよね。

絵本を通じて英語が身につきますが、
どっちのクッキーがいいの?とか、
私は誰?とか、
みんながクッキーびんからクッキーを取ったんだ
という文章を身につけることができるようになるでしょう。

最初は長いと思った英文が
お子様の口から飛び出してきますから、
それが面白かったりします。

親子でまた、お教室で楽しめる1冊です。
可愛い絵にも注目のえいご絵本の1冊です。
年齢的には3歳前後〜がいいでしょう。