我が子との語らいの時

中学2年の長女は、毎朝家族のだれよりも早く起き、6時前には家を出ます。

学校への道のりは2時間弱です。

学校が大好きで、一番早く学校へ行き、お掃除をしたり勉強をしたりして過ごしているようです。

毎日、部活や生徒会で帰りも遅く、週末も部活か合唱団の練習があるのであまりゆっくり話す余裕がありません。


今ちょうどテスト週間で、週末は勉強のためにゆっくりできたので、朝図書館まで送り、夜待ち合わせをして、一緒に食事をしました。


3姉妹なので、長女は母を独り占めに出来る時間は少なく、夜遅い食事でしたが、本当に楽しそうにいろいろな話をしてくれました。


娘の話のほとんどが、頑張っているお友達の話でした。

入院していた仲間のために、毎日毎日付き合って一緒に勉強してあげているお友達。

足ぼ病気で、大好きなスポーツができなくなったのに毎日部活に行き、一生懸命仲間や後輩のために練習メニューを考えてあげているお友達。

部活をやめたくなっている子に、真剣に部活の良さを伝えようとしているお友達。

そして娘は、親友がもし耳が聞こえなくなったりしたら私の耳を半分あげたい。

と真剣に言っていました。


ニコニコ娘は本当に素敵な学校で、素敵な先生に出会え、

「友情」という最高の宝をいっぱい見つけて、幸せなんだな〜つくづく感じました。 


DREAM KIDS のお母さま方に小学校の相談を受けることがあります。

そんな時は、本当にいろいろな学校がありますよ。

とお話をしています。

私立も、公立も選べる時代です。

学校の良さは偏差値だけでは絶対にないと思います。

本当にお子様にとって、またご家庭にとって良い学校であるかを

いろいろな角度から検討されることをお勧めします。


とくにこれからの時代は、生きる力が大切になるでしょう。

教育方針って大切ですよね。


我が子はもちろん、DREAM KIDS HOUSE&ドリームミュージックの子供達の

10年後、20年、30年後 が とってもとっても楽しみです。


子供たちに負けないよう、私も成長しないと・・・・