「こころ」と「からだ」リトミック

おはようございます。人気の音楽教室を作る井上幸子です。

江東区で18年間リトミック・ピアノなどの音楽教室を運営しています。

お母様から、「リトミックをするとどうなるのですか?」


と質問受ける事ありませんか。

私は、体験レッスンに来たお母様方に小冊子をお渡してきました。

20ページ位にわたって、しっかり内容が書いてあります。

お家で考えるお母様に納得してもらうには、

心をこめた小冊子が一番

今日はその1部を紹介します。

「こころ」と「からだ」

子供は、風邪で鼻水が出ているときなどは集中力がなくなります。

幼稚園や学校でいやなことがあると本当にお腹がいたくなったりします。

眠くなったらいらいらし、お腹がすいたらどうですか。

怒りっぽくなったりしてませんか。

子供たちの様子を見ていると、心と体は同じといってもおかしくないくらいとても深く結びついているものなのだということがわかります。

心と体の調和を大切にした教育が必要です。

心と体を一緒に成長させる、子供にとって最も大切な教育の1つがリトミックなのです。

それは、なぜか考えてみましょう。

音楽はすべての芸術のなかで最も直接的に私たちの心に働きかけてくるものだといわれています。

楽しい音楽が流れるとウキウキしてきたり、悲しい曲が流れるとしんみりしたり、運動会なんかで集合の音楽が聞こえると思わず走り出してしまいますね。

まさに心に直接語りかける音楽、そしてその音楽を実際に聞くだけではなく、体験するのがリトミックなのです。