短期講座や1日講座でも意味があるのは、先生方のそれまでも積み重ねがあったからこそ♪

皆さんおはようございます♪

人気の音楽教室の作り方♪リトミック講師の井上幸子です

リトミックは本当に奥が深く1日、2日の講座でわかるようなものではありません。

私は、日本である専門学校で学び(ダルクローズの観点からいうとこれはリトミックではありませんでした)

その後アメリカで3年学びました。

ダルクローズが直接指導したシュースター先生に学べた3年間、
私の人生の最高の宝物です。


でも、まだまだです。


リトミックは音楽教育であるため、基本の音楽能力があまり高くない私は・・・・
リズムは動けるし、ダルクローズの課題も理解できる。

本当はこうしたいって思いは沢山あるのに、思うようにピアノが弾けなくて
アメリカでは、何度涙を流したか知れません。


でも、今思うのは、それでも出来る限り伝えて行きたいという事です。


リトミックに関わのある先生の全てが、
ダルクローズ自身が認めた国際免許に挑戦できるかと
いうと、色々な事情でそうではないと思うのです。


基本的音楽能力
時間
お金
地域

色々なものが必要となります。


だから、必ずしも国際免許にこだわる必要はないと思うようになりました。
(こう思うまでに何年もかかりました)


でも、もしリトミックはダルクローズが作りましたと説明するのであれば、
最低限の守るべきものがある気がします。

これはリトミックと名付けていますが、ダルクローズの作ったものとは
全く別物です。
とするなら、話は別ですが・・・・・


前回講座を受けていた方、どんな方がいらっしゃるかといいますと


半数位が実際にリトミックを教えていらっしゃる先生
そのうち半数が、音大卒・半数は音大卒ではないけどピアノを長い間習われ方
多くの先生が大手のリトミックを随分長い間受講されていらっしゃいました。

ピアノの先生でリトミック未経験の先生も何名かいらっしゃいました。
主婦の方、保育士さんもいましたが、ピアノが得意で、さらに私の考案した教材を
事前に購入し勉強した上で参加されていました。


全員の先生から、とても勉強になったとのコメントを頂きました。
そして、次のステップに進まれる先生、教材を購入してご自身でされる先生
英語リトミックの講座も受けられる先生などにわかれましたが、
ほとんどの先生と今後もつながるお付き合いが出来そうで、
とても嬉しく思っています。


そこで、思う事ですが

先生方は、1人残らず今まで、音楽なり、リトミックなり、教育なり
精一杯頑張って来られた方々でした。



だから、素直に講座を役立てて頂くことが出来たのです。



みんな忙しい・・そうです。
だから、出来る限り短い時間で出来る限りを伝えたい!

心から、そう思います。
でも、だれでも、短期間にリトミックが教えられるようになるかというと
決してそうではありません。



安易は方向に流れる事が良い事とは思いません。


これが良い、これが悪いと言うのではなく
心を柔軟にして、色々なものに触れてみる気持ちが大切かと思います。

今まで経験が生かされる、それがダルクローズのリトミックです。


前回の参加者の先生の中で、2NDステップ参加を決めて下さり
さらに、その後は地方から東京に引っ越して国際免許を目指してみるのは?
と相談して下さる先生がいらっしゃいました。

まだ未婚でお若く、音大のピアノ科卒、可能性の大きい先生!
私は大賛成(*^_^*) 東京での生活が出来るか良く考えて頑張って!

・・・あっお若くなくても、音大卒でなくても国際免許は目指せます〜
ただ、数年から10年、20年かかることもあります。




もし、あなたがリトミックの先生で、プランを立てることに悩んでいるなら
私が立てたプランがあります。
ダルクローズのサブジェクトの基本を学ぶとプランが立てやすくなります。
小学生まで無理なく続けられるリトミック指導の方法をお教えします。


☆ちなみに1stステップでは、先生方にピアノを弾いてもらう等は一切ありません。
安心して楽しめる講座です。