こどもに負担をかけない保育園・幼稚園での音楽指導

みなさん♪おはようございます(*^_^*)

人気の音楽教室の作り方リトミック講師の井上幸子です

現在リトミック教室を開催されていらっしゃる先生から、幼稚園や保育園での
音楽指導について、ご質問がありました。

将来の夢が幼稚園や保育園での音楽指導(*^_^*)
こんなふうにメッセージ頂いたことは、前にもあったな〜と思い出しました。

返信メールをしながら、あっこれは他にも気になっていらっしゃる先生もいるのでは?
と思い、記事にさせて頂くことにしました。

リトミックの先生が幼稚園や保育園で、音楽指導をされることは素晴らしいことだと思います。


と、いうより


リトミックを知らないで幼稚園や保育園で音楽指導をすることは、こどもに大きな負担をかけることになると、私は考えています。


幼稚園や保育園では生活発表会や音楽発表会があります。
(保育園ではおこなっていないところもありますが・・)


リトミックを知らないと、その発表に向けての音楽活動が増え、
出来る子とできない子に、大きな差が出てきたり、無理にリズムなどを
叩くことで負担になることもあります。


習い事でしたら、お家で練習をしたりするのは当たり前、
お母様に様子をお伝えし、お家でお手伝いもお願いできます。

保育園や幼稚園は園内のみの活動ですから、かえって負担が大きいのです。


リトミックで、ビート(拍)としっかりと感じられるようになり、
音符や分割(拍をわけること)を経験し、


リズム(2つ以上の音符の組み合わせ)が表現でき、
複リズム(2つ以上のリズム)が経験できていれば、


自然に合奏することができます。
また、発表会に少し動きを入れれば、必ずしも難しい合奏に取り組む必要の
ない場合もあります。


リトミックで、2つの動きをすることに慣れていれば、歩きながら演奏をする
鼓笛なども負担がなくなります。


ピアニカの指導もまずは、指を動かして、それから鍵盤にむかった方が
あっという間に弾けるようになります。

 

dec25_1.jpg

 

dec25_2.jpg

 

うえの写真は私の指導している保育園です。
今月、生活発表会でした。
自分のお教室で無いので、個人を特定できる写真は載せられませんが、

とっても可愛い無理のない、素敵な発表会でした。

園長先生が素晴らしいお人柄で、今日はこれから保育園の運営について
教えてもらいに伺います。

私のほうが教わることが沢山です。