♪ヨリコ・リッチマン先生♪

ニューヨーク・ダルクローズ音楽学校の大大先輩で、ドリームミュージックの顧問をして頂いている

ニコニコヨリコ・リッチマン先生が、今年もサンフランシスコから来てくれます。

日本に滞在は6月末〜7月末

もちろん講習会を開催の予定

日程は、決まったらお知らせします音譜

ヨリコ先生は、その技術はもちろん、人柄も最高です!!

幼稚園・保育園の先生から、プロのミュージシャンまで、どんな人にも為になるレッスンです。

また、ヨリコ先生を囲んでの食事会も予定しています。

クラシックからジャズまで幅広い音楽の話、

ジャズベーシストのご主人のお話、

アメリカでのリトミックのお話、

びっくりするような苦労話も笑って話されます。

気取らず楽しいお話が魅力です。

ニコニコリトミックって楽しいを必ず再確認できますラブラブ


ヨリコ・リッチマン

武蔵野音楽大学ピアノ科卒。ピアニスト、又指導者として活動するかたわら、
ヤマハドラムスクールでジャズドラムを学ぶ。
 その後、渡米、バークリー音楽大学プロフェッショナル科を卒業。
ボストン、ニューヨークにて、ジャズ、クラッシクピアニストとして活躍する。

 そのころ、ダルクローズリトミックの素晴らしい教育法に出会い、
ニューヨークダルクローズ音楽学校にて、ダルクローズの直弟子ヒルダ・シュースター氏に
師事。ニューヨークダルクローズ音楽学校卒。ダルクローズ国際ライセンス取得。
卒業後、グリニッジビレッジ音楽学校リトミック講師 ニューヨークマネス音楽大学付属
リトミック講師、ヒルダ・シュースター氏の信頼も厚く、母校ニューヨークダルクローズ
音楽学校でも講師を務める。

 一時日本に帰国し、マイスター音楽院講師、ミクロコスモス音楽学校顧問、
ダルクローズスクールオブジャパン講師、昭和音楽大学付属リトミック講師などを歴任さらに
リトミックの指導法を深めるため、スイスのジュネーブジャックダルクローズ専門学校で
2年間の研鑽を積む。

 現在は、サンフランシスコ在住、サンフランシスコ音楽大学教授、
サンフランシスコ音楽大学付属リトミック講師、べイサイド音楽学校ピアノ講師、
カリフォルニア音楽教師協会員、ドリームミュージックリトミック科顧問として、
アメリカでのリトミックの指導の様子などを、ドリームミュージック代表井上幸子と
連絡を取りあい、日本での講習会も行う。

♪春のリトミックレッスン♪

apr21_1.jpg
先生「わ〜綺麗な桜がさいてるね〜!スキップしてお花を見に行こう!大きなお花が咲いている音がしたら大きく咲かせてね、小さな花なら小さくね」

 

ニコニコこれは、「即時反応」「ダイナミクス」「時間・空間・エネルギー」の課題になりますね。

 

お花の咲く位置なんかもいれたら「高い・低い」になるし、スキップな速さを変えたら「速度

 

にもなりますね〜

 

ニコニコお花見にお弁当持って行って、お弁当のおかずを「即興唱」で歌ったり、

 

小さい子に大人気は、ピンク色の紙を小さく切っておいて、パラパラ落とすのです。

 

「ソファミ(フラット)レド〜」を短調で弾いて、どの音が聞こえたら、花弁を落とす。

 

風の音が聞こえたら風になってビューンと走り回ります。

 

リトミックレッスンなら ドリームミュージック

♪体験を重ねて♪

リトミックは、短時間で結果が出る教育法ではありません。

 

ニコニコ「体験」を重ねることで、


知らず知らず感受性を高め、


感じたことから、


何かを表現したいという気持ちに変わります。


そんな体験を繰り返す事が、

 

自ら感じ、考え、創造する力、

 

21世紀をニコニコ「自ら考え生き抜く力」に繋がってゆくと確信しています。

 

キラキラの笑顔で、踊り、表現するちっちゃなお友達のこれからの成長が本当に楽しみです。

ベリーダンス

ベリーダンス、はじめて体験してみました〜

思っていたより、体の中を思いっきり使う感じでした。

何だか姿勢が良くなった感じ目

気持ち良かったです〜ドキドキ

ライズカルチャースクール


江東区東陽町です。

職場、ご自宅がお近くの方ご一緒しませんか?

感動の手紙

今日、三女が3月までお世話になった保育室の園長先生からお手紙が届いていました。

最後の登園日に、お礼のお菓子に、子供の写真入りの小さなお手紙をお届けしましたが、

そのお礼をわざわざお手紙でいただきました。

「赤ちゃんから二年半、ずっと一緒だったから『あれ○○ちゃんは?』と、思わずさがしてしまいます」

との、お手紙に感激しました。

けして綺麗とは言えない、小さな保育室です。

でも、最高に素敵な保育室でした。

生後二か月から、愛情たっぷりに育てて頂き、自分のことは自分でできる、

しっかりと自己主張ができる子に育ちました。

沢山、沢山褒めて頂いたから、自分に自信が持てる子に育ってくれたと思っています。

新しい園『DREAM KIDS HOUSE』でも、全く泣くことなく、すぐに思いっきり楽しんでいます。

DREAM KIDS では、パパ、ママと会っても、ちゃんと先生として接してくれます。

英語は、今まで全く触れていませんでしたが、家でも出てくるようになりました。

ニコニコ三歳くらいまでは、子供の一生にとって本当に本当に大切な時です

お家でたっぷり、時間をとってあげられたら、それが一番!かもしれません。

でも、もし預けなけければならない時、そんなときは先生方を信頼して

自信を持って預けることが大切だと思います。

ニコニコそして自信をもって輝いて働く!

ニコニコこれだけは!という、こどもとの時間を作る。

我が家では、寝る前に1時間位読み聞かせをしています。

上のお姉ちゃんたちも、自分で本が読めるようになるまで続けていました。

読書のおかげで、文書お読み書きが得意で、色々な良いことがありました。

詳しくはまた書きますが、中3の長女はディベートが得意で、先月おこなわれた即興ディベート選手権

<即興なので、その場で出されたテーマで弁論します>では、東大生も混じる中、

ベストディベーター賞を頂きました。

納得・心に残った話

昨日、お世話になっている近所のおじさんが、とってもいい話をしてくれました。

一緒に想像してください。

一杯のコップがあります。
塩を1さじ入れてください。
よくかき混ぜてください。

こんどは大きなお鍋があります。
塩を1さじ入れてください。
よくかき混ぜてください。

どちらがしょっぱいでしょうか?

そうです。
コップの方です。

ニコニコ塩は、悩みや辛い宿命・・・
小さなコップだと、しょっぱいけれど、大きな鍋に入れてしまえば
ほとんど味がしない、水と一緒チョキ

なるほど!
大きな器の人になりたいですニコニコ

♪人間教育・リトミック

リトミックには、ニコニコあらゆる音楽的要素が含まれていて、
音楽を学ぶ上でリトミックから始めることはとても大切です。


音感がついたり、
リズム感のいい子供に成長する、
拍子感に優れて音楽が楽しいということを知り、
そして音楽の基礎を身に付けることができるようになります。

ニコニコでも、それだけではないのです。
リトミックは音楽を通じて、体、感覚、知的能力も成長させることができます。

情操教育とはいいますが、
心の教育や自立心、
そして人間教育を音楽を通して行っていくことも目的にしているのです。

昔から習い事というのは、
その習い事の技術をアップすることを目的として習う人が多かったです。

例えばピアノだったら、
ピアノが上手に弾ける様になる事だけが目的でした。
ピアノが弾けるようになれば勿論それ以外の感覚も優れてきますし、
音感もついてきますし、
人格形成にも繋がります。

でも、ピアノの上達を第一目標にしているので、
それ以外のことを目標にしているケースはほとんどありませんでした。

しかしリトミックはこれらの普通なら第二目標にされることを
第一目標と同じくらい大切にし、子供たちの育成を目指しているので、
他の習い事とはまた少し違って、大切な習い事と考えられますね。

えいご絵本:HUG

えいご絵本HUGの紹介です。

HUGそれは日本で、赤ちゃんをママがHUG!

以外はあまりHUGってしませんよね。

ニコニコ海外ではハグをすることは挨拶をすることですから、

家族、友達と手軽に出来るとてもスキンシップの取りやすい挨拶なのです。

 

ほとんどのページがこのHUGという単語だけの掲載になっていますが、

このHUGという言葉だけで、

親子がどれだけ愛しているのか、

それを表現している素晴らしい絵本です。

 

登場人物の赤ちゃんざるのボボはジャングルで様々な動物と出会いますが、

この動物の親子のハグを見るのが楽しかったです。

 

しかしハグをした親子がみんな仲良しなので、

自分もお母さんとハグしたくなって、恋しくなって泣いてしまうのです。

わが子の泣き声を聞いて、すぐに飛んで着てくれたお母さん。

 

ボボとやっとHUGを交わすのですが、

そのHUGをみた動物たちも見守りながらとても喜んでくれます。

 

最後はみんなが笑顔になってそれが一つの輪になる話しです。

読み終わった後も、読んでいる最中もお子さんにHUGしたくなる1冊で、

読んでいるとお子さんからHUGを求めてくるかも、

ぎゅーが家の中でブームになるかもしれませんね。

大人も子供も親子でハグを自然に楽しめる絵本で、

読み終わった後は思わずぎゅーっとしたくなってしまうような

 

心温まるえいご絵本です。

小さいお子さんでも、これでHUGがなんなのかすぐに理解できるようになります。

 

難しい言葉は一切必要のない、とてもシンプルな絵本ではありますが、

HUGと親子の愛の大切さがひしひしときっと感じられる1冊です。

わたしも2歳娘にはいっつもHUGしてますが、この本を読んだ後は中学生の娘達にもHUGニコニコ

照れながらも嬉しそうな娘たちです。

★GOOD モーニング !で初登園

江東区のインターナショナル保育園、DREAM KIDS HOUSE は、昨年春OPENし、無事2年目を迎えました。
元気いっぱいのお友達が、沢山入園してきてくれました。

1番小さな1歳のベリーちゃんたちは、ママと離れたときいっぱい泣いていたけど、お散歩ではニコニコニコニコ

2年目のお友達は、新しいお友達や先生にちゃんと英語で話しかけてましたよ。

みんな仲良く、沢山沢山思い出作っていこうね!!

こども英会話「よく眠れた?」

子供に使う英会話のフレーズでよく使う言葉に「Did you sleep well?」があります。

 

これはよく眠れましたか?

 

という言葉になりますが、朝の挨拶をした後に続けてこの「Did you sleep well?」


と言ってあげるとお子様がこのフレーズを身近に感じてすぐに覚えてくれるようになります。

 

おはようと言うだけでは、一言で朝の英会話が終わってしまいますよね。

 

「GoodMorning!」は当たり前の表現で、これは黙っていても口から出るフレーズです。

 

お子様がおはようと言うかわりに、グッドモーニングと言って起きてくるのも英語で子育てを始めればすぐにそうなるはず。

 

それだけでは朝の会話はもったいない。


だからもう1フレーズ覚えてもらいましょうニコニコ


毎日使える、繰り返し使える、いつも同じタイミングで使えること、それが一番大事なことですよね。

 

やっぱり同じタイミングで毎日繰り返し使うことは、それだけでとても身近に英語を感じられますし、どのタイミングでいつ言えばいいのか、それをしっかりとお子さんも分かってくるのです。

 

挨拶の後にこのフレーズ。

 

手軽に付け加えるだけでも随分覚えが違いますから是非おはようの後に付け加えてあげるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

朝起きてきて、グズグズといっていたら「Let me pick you up」もいいですね。

 

ニコニコ私が抱っこしてあげるとか抱っこさせてという言葉になりますよ。


この二つを朝のフレーズとしてしばらく使ってみてはいかがでしょうか。


挨拶を合わせて朝のフレーズが3つ増えましたね。